よしだ外科・内科クリニック(福岡市博多区)

電話での予約・お問い合わせは092-473-1873

博多駅(筑紫口)より徒歩1分のクリニック

「喘 息(ぜんそく)」(2015 / 11/11)

小児喘息患者

風邪やインフルエンザの季節になりましたので、今回は注意したい喘息についてのお話です。

病歴をうかがうと喘息があった、とおっしゃる方がそれなりにいらっしゃいますが、 症状が消失(寛解)した小児喘息患者(小児喘息の50~70%) のうち、30%弱が成人になって再発するといわれていますのでご注意ください。

成人発症型の喘息

一方、小児期に喘息がなく、成人になって初めて症状が出る成人発症型の喘息は、成人の喘息全体の70~80%を占め、そのうち40~60歳代の発症が60%以上を占めています。 成人喘息の有病率に関してですが、厚生労働省研究班の全国調査によると、5.4%、なかでも20歳~44歳では9.4%とされています。

喘息により持続する気道炎症が気道障害とそれに引き続く気道構造の変化(リモデリング・remodelingといいます)を引き起こし非可逆性の気流制限をもたらすため、気道炎症を抑えるために薬の継続使用を忘れないようにすべきだとされています。

ポイント
最近、増加傾向にある風邪は喘息の悪化因子であり、風邪を契機に喘息が悪化することもありますので、引かないよう十分にご注意ください。
また、前日と比較して3℃以上の気温の低下喘息症状の悪化・発作の原因になるとの報告もあります。 喘息をお持ちの方は放置したままにせずに、是非、ご相談ください。
過去のコラム
2018/11/16 インフルエンザ・ワクチン接種と集団免疫
2018/07/29 熱中症
2018/05/18 春バテ、あるいは五月病
2017/11/24 インフルエンザ・風邪のお話
2017/07/04 食中毒
2017/02/20 花粉症
2016/10/08 秋バテ
2016/07/12 軽度認知障害(MCI)スクリーニング検査
2016/05/20 感染性腸炎(食中毒)
2016/02/29 痔瘻(じろう)
2016/01/25 PM2.5(粒子の直径が2.5μm以下の粒子、微小粒子状物質)
2015/12/10 風邪などのお話し
2015/11/11 喘 息(ぜんそく)

初めて受診される方へ

日帰り手術 痔核・裂肛・痔ろう

臨床心理士によるカウンセリング

電話での予約・お問い合わせは092-473-1873

初めて受診される方へ

日帰り手術 痔核・裂肛・痔ろう

臨床心理士によるカウンセリング

お気軽にお問い合わせください。電話092-473-1873

診療科目

外科・肛門科・内科・疼痛緩和科・ 漢方診療科・アレルギー皮膚科 他

アクセス

〒812-0012
福岡市博多区博多駅中央街5-14 福さ屋ビル6F (博多駅筑紫口より徒歩約1分) 詳細はコチラヘ>>

地図印刷(PDF)

ページの先頭へ